LGBTパレードに参加しますか?
【LGBTニュースを正しく読み解く】

こんにちは、hanaです。8月に入りましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 海、お祭り、バーベキュー……夏はたくさんイベントがありますが、インドアな私は、外で遊ぶと言っても仕事帰りにお酒を飲みに行くくらい。でも仕事が終わって帰るときに、まだ外が明るいとなんとなく嬉しい気分になります。

 

LGBTパレードに参加する? しない?

今回のテーマは「LGBTパレード」です! 「LGBTパレード」(レインボーパレード、プライドパレード)とは、LGBTの権利向上や理解などを求めて街頭を練り歩くパレードのこと。

LGBTの象徴とも言われるレインボーカラーのアクセサリーを身につけて歩く人や、艶やかなドラァグクイーンたちのパフォーマンスが見られたりと、デモ行進というよりは「賑やかなお祭り」といった表現が近いように思います。
(気になった方は画像検索をしてみてくださいね。写真を見るだけでもわくわくしてきます)

さて突然ですが、ここで質問です。
もし自分が住んでいる地域でLGBTパレードが開催されたら、あなたは参加しますか? それとも参加しませんか? 

14414057917_c4012dd0d6_z

「参加する!」、もしくは「しない!」と即答できる人は、意外と少ないのではないでしょうか。

「楽しそうだけれど、会社の人に知られるのは怖いからやめておこうかな・・・」「自分は賑やかなイベントが苦手だけれど、友達が一緒に行きたがっているし、どうしよう・・・」など、色々と考え迷ってしまいますよね。
 

パレードに行くかどうか迷っている気持ちを整理しよう

そんな迷う気持ちを整理するには、次の二つの観点から考えてみることが効果的です。

一つめが、「コンセプトに賛同するか、しないか」という観点です。
具体的に、ここでは、日本の代表的なパレードを二つを取り上げて考えていきたいと思います。

 

「東京レインボープライド2016」開催概要》

header_logo

『東京レインボープライド』は、 LGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティ(性的少数者)が、差別や偏見にさらされることなく、より自分らしく、前向きに生きていくことができる社会の実現を目指すイベントの総称です。(中略)『東京レインボープライド』では、様々なイベントを通じ、LGBT当事者が等身大の存在として広く社会で知られるようになり、当たり前に暮らしていけるよう努めていきます。

 

「レインボーフェスタ!」について》(※「関西レインボーパレード」を含むイベントの総称です)

logo

自分がどのような性を生きるのか、性を介して他の人とどのような関係を築くのか、私たちの性のあり方は「LGBT」や「異性愛」の言葉だけでは表せないくらい多様性に満ちています。レインボーフェスタ!は、私たち一人一人が持つ「性の多様性」を祝福し、分かち合う場です。ハレの日に、色とりどりのあり方・個性が集い、互いに尊重し合うきっかけになることを目指しています。

(太字は引用者)

 

上記を読んで、二つのパレードのコンセプトの違いがわかりましたか? 

「東京レインボープライド2016」は「社会の認知」を、「レインボーフェスタ!」は「性の多様性の尊重」を第一に掲げています。

もちろん開催目的は一つではなく、ここに表しきれない主催者の思いもあると思いますが、「何を一番の目的にしているか」は、パレードの参加を考える上で大切なポイントと言えるでしょう。

LGBTと社会の関わりに対する思いは、当事者であっても十人十色。「もっと世間に知って欲しい」と思っている人もいれば、「知られたくない、そっとしておいて欲しい」と感じている人もいます。

自分はどんな世界を目指していて、自分のいる状況をどんな風に変えていきたいのか――。自分の気持ちをしっかりと見つめて、じっくり考えてみてくださいね。

 

パレードに「参加したい」と思うか、思わないか

二つめに大事な観点が、「自分が『参加したい』と思うか、思わないか」ということ。

一見すると、簡単なことのように思えるかもしれませんが、実はこれが一番難しい。

というのも、いざパレードに参加となると、自らの社会的な立場や、パートナーあるいは友人との関係など、いろいろなことを考えざるを得なくなるからです。

だからこそ、今一度、自分自身の気持ち、『参加したい』かどうか、振り返ってみましょう。

少しでも参加したいという気持ちがあれば、本当にあらゆる方法があります。周りへバレることが気になる方でも、例えば、仮装して顔出しをせず参加したり、パレードの中で歩かなくても街頭から手を振るという参加の仕方だってあります。もちろん、当日パレードに参加しなくても、TwitterやFacebookなどのSNSを使ってパレードを告知するというのも、参加の一つと言えると思います。

 

「無理せずにできる範囲」で参加してみる

余談ですが、これまで私自身、職場にカムアウトしていないことや、賑やかなイベントが苦手なことから、パレードへの参加には二の足を踏んでしまっていたのが実情でした。「みんなががんばっているのに私は何もできず情けない……」と落ち込んでいた時期も。

それでも、色々な人の参加の方法を見て、無理せずにできる範囲で関わることが大事なんだと気付きました。今ではSNSで拡散したり、友達に話したり、こうして記事として書くことで、自分にできる範囲の応援をしています。やはり自分が自分らしくいられる形でパレードに参加するのが一番ですね!

 

最後になりましたが、みなさんはパレードに対してどのような気持ちを抱いていますか? コメントで教えていただけたら嬉しいです。

それでは、次回もよろしくお願いします!

 

【今年日本で開催されるLGBTパレード】

東京RAINBOW PRIDE(東京・2016.5.7〜8)

虹色どまんなかパレード(愛知・2016.9.17)

関西レインボーパレード(大阪・2016.10.8)

※その他、過去に開催されたことのあるパレードについてはこちらのHPが参考になります。

「同性婚 ゲイ マリッジ」

http://gaymarriage.jp/gayparadeinjapan/ (参照日2016年8月17日)

gatag-00003622

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です